デミオ

【デミオ】ディーゼル・オイル交換の時期や、オイル交換費用など目安は?

車は購入後、定期的にメンテナンスを行う必要がありますが、そのなかの一つにエンジンオイルの交換があります。

車種や乗り方により交換サイクルはまちまちですが、エンジンオイル交換が不要な車はありません。

今回はデミオディーゼルのオイル交換について見ていきましょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

エンジンオイルの役割とは

まず最初にエンジンオイルの役割についてのおさらいしましょう。
エンジンオイルには、以下の5つの役割があります。

1.シリンダーとピストンの間に油の膜を作り、その動きを滑らかにする潤滑剤としての役割。
2.ピストン運動による金属摩擦や、燃料の燃焼による熱を吸収する冷却材としての役割。
3.金属片や燃焼により発生したすすなど、エンジン内に発生する汚れをきれいに洗い流す役割。
4.シリンダーやピストンの間を、オイルの粘度で密閉し隙間を作らないようにする役割。
5.燃焼によって高温になったエンジンと、外気の温度差によりエンジン内部に発生する水分による錆からエンジンを守る役割。

このようにエンジンオイルには多くの役割があります。
エンジンを常によいコンディションで動かすために、エンジンオイルは必要不可欠なものなのです。

エンジンオイルは走行を繰り返すうちに

・摩耗したピストン・シリンダーなどの金属粉
・燃料が燃えたときに発生する、煤(すす)や水分
・未燃焼燃料や砂ぼこりの混入
・エンジンオイルに加えられた添加材の消耗

などにより性能が低下します。

また、エンジン内で循環を繰り返すうちに、燃料が混ざり、徐々に薄まってゆきます。

とくにディーゼルエンジンは、その構造上ガソリンエンジンと比べ、大量の煤(すす)が発生します。

その煤(すす)を燃やすためにその分、余分に燃料を燃やす必要があるため、エンジンオイルの劣化スピードも速くなるということです。

しかし、エンジンオイルはエンジンを動かさなくても、時間とともに劣化していくという欠点があります。

当然、劣化して汚れたエンジンオイルをそのまま使用し続けると、走行パフォーマンスは著しく低下し、走りの質に悪影響を及ぼします。

さらにエンジンの摩耗が進行し、内部に傷がつき故障の原因となります。

最悪の場合、エンジン内部が焼き付き、走行不能になってしまうのです。

【デミオ】ディーゼルのエンジンオイル交換の時期について

デミオ・ディーゼルの、エンジンオイル交換の時期について紹介します。

デミオディーゼルのオイル交換は、およそ5,000キロから10,000キロが目安です。

マツダ公式ホームページによると

マツダのディーゼルエンジン搭載車の場合
・シビアコンディションで6ヶ月(5,000キロ)
・ノーマルコンディションで12ヶ月(10,000キロ)
がオイル交換の時期の目安と記載されています。

マツダの一般的なガソリン車の場合
・シビアコンディションで6ヶ月(7,500キロ)
・ノーマルコンディションで12ヶ月(15,000キロ)

と記載されているので、ディーゼルエンジンの方が2/3ほど短いようですね。

シビアコンディションとは

ここでいう「シビアコンディション」とは、マツダが指定する「車にとって負担が大きい使い方」を意味しており

・走行距離が多い(年間20,000キロ以上)
・短距離走行の繰り返し(8キロ以内/回)
・低速走行やアイドリング状態が多い(渋滞や市街地など信号による停車が多い)
・山道、登降坂道の頻繁な走行(家の近くや普段の通り道で坂道の上り下りが多く、ブレーキを頻繁に使用する
・悪路の頻繁な走行(デコボコ道、砂利道、雪道など運転していて衝撃を感じたり、車の下回りに石や砂が当たったり、砂ぼこりなどでボディーが汚れるような所をよく走る)

このうち、どれかひとつにでも該当する使い方をしている場合は、すべてシビアコンディションとなるようです。

よほど恵まれた交通環境に囲まれて生活していないと、どれかの1つくらいは普通に該当しそうな条件です。

通勤に使っていれば「短距離走行の繰り返し」、または「走行距離が多い」に該当するでしょうし、

このような意味でも日本で使用する分にはだいたいが「シビアコンディション」に当てはまるといっても大げさではないでしょう。

実際にネット上のユーザーの口コミを見てみると、相当丁寧に乗らないとまず10,000キロは持たないようです。

デミオではオイル交換が必要な時期になると、メーターパネル内のオイルウォーニングランプという警告灯が点灯し、交換タイミングを教えてくれます。

特にディーゼルエンジンは、オイルの劣化によりそのパフォーマンスが著しく低下するため、警告灯が点灯する前に気が付くこともあるようです。

あえてデミオのクリーンディーゼルを選択する人は走りの質にこだわる方が多いと思われますし、劣化したオイルで走り続けているとエンジン本体にダメージを与えます。

性能の低下に気が付いた場合は、警告灯が点灯する前であっても新しいオイルに交換することをおすすめします。

デミオディーゼルのオイル交換費用

ここからはデミオディーゼルのオイル交換費用について見ていきましょう。

デミオのディーゼルエンジンには専用のエンジンオイル「ディーゼルエクストラSKYACTIV-D」という製品のみ使用できます。

そのため、オイル交換費用はコンパクトカーとしてはかなり高額で、ディーラーで施工してもらうと8,000円~10,000円程度が目安です。

半年に一度エンジンオイルの交換が必要と考えると、かなり痛い出費ですね。

自分で専用のエンジンオイルを購入して交換することも可能ですが、エンジンオイルの量の調整は非常にシビアです。
自信のない人は、ディーラーや専門の工場でやってもらうのがよいでしょう。

そんな高額なエンジンオイル交換費用ですが、実際にお得に交換する方法があるのです。

それは新車購入時に安心パック「パックdeメンテ」に加入することです。

例えば「パックdeメンテ・新車30ヶ月プラン」に加入すれば、半年ごとの定期点検にオイル交換5回、オイルフィルター2回が付帯してきます。

こちらの費用は42,000円ですから、エンジンオイル交換だけでしっかりと元を取ることができます。

最近では新車購入時の見積もりに最初からパック料金が含まれていることも多いと思いますが、ぜひそのまま加入するようにしましょう。

また「パックdeメンテ」には、その他にも車検がセットになったプランなど、たくさんのパターンが用意されているので、予算に応じて選択するとよいでしょう。

ディーラーによっては、オイル交換チケットを販売しているところもあるようです。
チケットを利用すれば、正規の料金と比べ安くエンジンオイル交換費用を抑えることもできそうです。

一度車を購入したディーラーに確認してみるとよいでしょう。

デミオ・ディーゼルのオイルフィルター交換の回数

エンジンオイル交換を実施した際には、オイルフィルターの同時交換がおすすめです。

オイルフィルターは毎回交換する必要はありませんが、オイル交換2回で1回の頻度がおすすめです。

なぜフィルターを定期的に交換する必要があるのでしょうか。

エンジンオイルを交換しても、オイルフィルター内には古いエンジンオイルが0.5L程度残っています。

デミオディーゼルのエンジンオイル量は約5Lですので、1割は古いオイルが残っているという事です。

古いエンジンオイルが混じってしまうと、せっかくの新しいエンジンオイルが早く劣化してしまうのです。

また、フィルターはオイル内の金属片で目詰まりを起こしてしまうと、フィルターとしての機能を果たさなくなります。

結果、ろ過されていない古いオイルがエンジン内を巡回するので、各部で摩耗が進みエンジンが痛んでしまいます。

デミオ・ディーゼルのオイル交換まとめ

エンジンオイルには、エンジンを正常な状態に維持する大切な役割があります。

とくにデミオのディーゼルが搭載するディーゼルエンジンは、エンジンオイルの劣化もガソリンエンジンより早く、その管理はシビアです。

デミオ・ディーゼルの気持ちの良い走りを維持するためには、こまめな交換が必須ということです。

オイル交換費用は高額ですが、メンテナンスパックなどを賢く利用すれば、お得に交換することができるので、愛車をなるべくこまめにメンテナンスしていきましょう。

>>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの加速性能や走行性能は実際どう?ガソリンとどっちがいい?
>>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?
>>>関連記事:デミオのディーゼルで不具合があったけど最近はどう?最新情報まとめ(2018年)
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの燃費は実際どう?MTの実燃費や、悪い評価も?

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!