デミオ

【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?

マツダ・デミオは2014年の発売から4年が経過しました。

これまで毎年、小改良を繰り返しブラッシュアップしてきたデミオですが、今年2018年8月にも再びマイナーチェンジを控えています。

今回はマツダ・デミオのマイナーチェンジの情報(2018年版)をまとめました。

このマイナーチェンジ実施に伴い、現行モデルのオーダーは5月末でストップしているとのことです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

デミオ・マイナーチェンジ(2018年)

マイナーチェンジといっても、今回のマイナーチェンジではエクステリア、インテリアにそれほど大きな変更はないようです。

エクステリアの変更点

・ヘッドライトのアダプディブLED化
・グリルのカラーデザインの小変更

インテリアの変更点

・インパネのデザイン変更
・センターコンソールのデザインの小変更
・フロントシートにアームレスト追加

サイドブレーキが電動パーキングブレーキに変更となることに伴い、サイドブレーキレバーがあった場所を広く開放。

そのため、フロントシートにアームレストが追加されます。

また、リアシートにもカップホルダー付きのアームレストが追加されるとの情報です。

ガソリンエンジンの排気量の変更

そしてなにより、今回のマイナーチェンジのもっとも大きなトピックスは、ガソリンエンジンの排気量の変更です。

初期モデルからずっとこれまで搭載されていた1.3Lガソリンエンジンが廃止となり、1.5Lガソリンエンジンに変更になります。

安全装備も選択可能

また現行モデルより安全装備が充実し、CX-8、新型CX-5に搭載されている先進安全技術を、オプションで選択できるようになります。

・i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)全車速追従機能付
・360°ビューモニター

・i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)
→全車に標準搭載。
事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術や、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成。

動画:マツダ「i-ACTIVSENSE」技術紹介:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)全車速追従機能付
→作動下限速度を、0㎞/hまで拡大し安全性を向上。

・360°ビューモニター
→自車を取り巻く様子が、客観的に上から確認できる機能。
動画:マツダ360°ビューモニター「狭い場所での駐車」篇

360°ビューモニターは、狭い道や、駐車場などの駐車をサポートしてくれるので、運転に自信がない方も安心できますね。

デミオ・マイナーチェンジ後の販売価格の予想

エンジンの排気量が大きくなる今回のモデルチェンジでは、販売価格の上昇が予想されています。

まだ現時点での非公式な情報ではありますが、価格は据え置きか、少し(3万円程度)高くなる程度だろうとの事です。

これだけの変更がありながら販売価格を据え置くことで、マツダ・デミオ自体の人気もますます高まることが予想されます。

デミオのマイナーチェンジに対する評価や口コミ

デミオのマイナーチェンジに対する世間の評価はどうでしょうか?

実際まだ1.5Lエンジンを搭載する新型デミオの実物を見たことがある人はいませんし、ネット上でもさまざまな情報が錯綜しています。

しかし、マイナーチェンジ情報もある程度固まってきていますし、マイナーチェンジ予想に対するネット上の評価を少し紹介します。

1.3Lのガソリンエンジンでも、コンパクトカーとして充分な動力性能があるので、1.5Lになって値上がりするくらいなら1.3Lエンジンも残してほしい。

→どうやら新型デミオは、排気量がアップしても価格は据え置きか、少し高くなる程度になりそうです。

購入を考えていたものの、その時期を逃してしまったユーザーにとっては、一安心なのではないでしょうか。

逆に慌てて購入してしまった方は悔しい思いをしているかもしれませんね。
排気量の拡大はかなり魅力的です。

ガソリンエンジンの排気量アップに伴い、ディーゼルモデルも1.8Lを追加してほしい!

→今回のマイナーチェンジでは、ディーゼルモデルの排気量アップや追加モデルはないようです。

しかし、定期的にブラッシュアップを繰り返しているデミオですから、ホットなスポーツモデルとして今後特別仕様車として1.8Lの追加もあるかもしれません。

1.5Lでも十分すぎるほどの動力性能を誇るデミオディーゼルに、さらに1.8Lディーゼルを搭載。

これならばサーキットに持ち込んでも、さぞかし楽しいコンパクトスポーツになるでしょう。

このように、ネット上では新型デミオについて、さまざまな予想があるようです。

このことからもデミオの人気がうかがえますね!

デミオのマイナーチェンジ前と比較

デミオ・マイナーチェンジ前の最大の変更点は、ガソリンエンジンが1.3Lから1.5Lになることです(これはすでに決定事項です。)
新しい1.5Lエンジンと、現行デミオに搭載されているエンジンのスペックを比較してみましょう。

現行デミオのガソリンエンジン

・排気量・・・1.3L(1.3L直4ガソリン)
・最大出力・・・92ps/6,000rpm
・最大トルク・・・12.3kgf・m/4,000rpm

今回のマイナーチェンジ

・排気量・・・1.5L(1.5L直4ガソリン(SKYACTIV-G 1.5))にアップ
・最大出力・・・111ps/6,000rpmと、19psアップ
・最大トルク・・・14.7kgf・m/3,500rpmと、2.4kgf・mアップ

パワー、トルクともに約2割程も増加していていますから、今回のパワーアップは体感的にもずいぶん力強くなったなとはっきり感じられるほどではないかと想像できます。

デミオの1,000kg強の車重に対して、2割のパワーアップは相当な改良です。

また最大トルクの発生レンジが、500rpm引き下げられたため、より低回転で最大トルクを発生するようになります。
これはさらに実用的で使いやすいエンジンになったということです。

ディーゼルモデルばかりが脚光を浴びていて、車好きにとっては少し影の薄さは否めない現行デミオのガソリンエンジンですが、今回のマイナーチェンジによりガソリンエンジンも一流のコンパクトカーの仲間入りをしそうです。

もともと高いポテンシャルを持つデミオですから、ガソリンエンジンが排気量の増加に伴いパワーアップされれば、より楽しい車に生まれ変わることでしょう。

一方で排気量のアップにより、燃費の悪化が気になる方もいらっしゃるでしょう。
一般的に、パワーアップすると燃費も悪化してしまいがいちです。

しかしこれはまだ非公式な情報ではありますが、ディーラーの営業マンに確認したところ、燃費はほぼ変わらないとのこと。

エンジンのパワーとトルクを生かしたセッティングや、効率化のおかげで現行モデルと同等の燃費を実現したとのことです。

パワーアップしたにも関わらず、燃費はそのままなんて、マツダの技術力にはあらためて驚かされますね。

新型デミオに搭載される予定の装備一覧です。(オプション含む)

・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
・360°ビューモニター
・AT誤発信抑制機能(前進/後退)
・アダブティブ・LED・ヘッドライト
・ハイビーム・コントロール
・車線逸脱警報システム
・スマートシティ・ブレーキサポート
・ブラインドスポットモニタリング
・リアクロストラフィックサポート
・リアパーキングセンサー(センター/コーナー)

今回のマイナーチェンジは排気量のアップ以外に、安全装備の充実にも力を入れていることがわかります。

最近は自動車メーカ各社、安全装備には相当力を入れていますので、新型デミオもきちんとその流れに乗っているようです。

デミオの購入を考えている方の中には、運転に自信のない方もたくさんいるでしょうし、運転に自信があったとしても、安全装備充実により防げる事故はたくさんあります。
このことにより、ますます快適にドライブが楽しめるようになるでしょう。

とくにフロント周辺だけではなく、リアの安全性能もアップした点は特筆すべき点だと思います。

スポンサーリンク




デミオのマイナーチェンジによる試乗や口コミ

デミオマイナーチェンジによる試乗ですが、残念ながらデミオのマイナーチェンジ後のモデルは、まだディーラーにも用意されていないため、試乗することはできません。

コンパクトカーとして人気のあるデミオは、マツダにとっても大切なモデルですし、今回のマイナーチェンジは搭載されるガソリンエンジンの排気量が変わるということで、メーカーも相当力をいれてセールスプロモーションを行うことでしょう。

実際に発売され、試乗車が入り次第、さらに詳細な情報をお知らせできればと考えています。

デミオのマイナーチェンジ【2018年】まとめ

8月に実施されるデミオのマイナーチェンジでは、ガソリンエンジンの排気量アップを中心に安全装備の充実やエクステリア、インテリアの小改良が実施されます。

これまでディーゼルエンジンの影に隠れがちだったガソリンエンジンモデルですが、今回のマイナーチェンジをきっかけに、人気が出ることも考えられます。

今回のマイナーチェンジにより、デミオの魅力がさらに高まることは間違いありません。
今後もデミオからますます目が離せませんね!

>>>関連記事:デミオの赤「ソウルレッドクリスタルメタリック」の魅力!女性からも人気!
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの加速性能や走行性能は実際どう?ガソリンとどっちがいい?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの燃費は実際どう?MTの実燃費や、悪い評価も?
>>>関連記事:デミオディーゼルのMTって楽しい!試乗した感想や評価・口コミ

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!