デミオ

【デミオ】の辛口評価!後部座席が狭い…スイフトらより狭い!?徹底検証!

デミオはフロントからリアまで、流れるような美しいデザインが特徴的な車です。

しかしその分、後部座席の居住性が犠牲になっていることは否(いな)めません。

デミオの後部座席は本当にそれほど狭いのでしょうか?

今回はデミオの後部座席について検証していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

マツダ・デミオの後部座席の口コミ評価

デミオの後部座席についての評価を調べてみると、以下のような意見が多く認められました。

後部座席が狭い・・・
大人の男性が乗ったとき、長時間の乗車は厳しいかも
座ったときの膝前のスペースが狭い。

最近のコンパクトカーは、ユーザーの多様化に応えるため、後部座席もしっかりと広めな構造になっている車が多いのが現状です。

しかしデミオの後部座席は、座ってみると膝前のスペースは狭く、成人男性が座るとほとんど余裕はありません。

「窮屈でしかたない」というほど狭くはありませんが、広々スペースとはお世辞にも言い難い(いいがたい)状態です。

デミオとスイフトなどのコンパクトカーの比較

同じようなサイズのコンパクトカーである
・スイフト
・マーチ
・アクア
・ヴィッツ
などと比較しても、同じくらいか、気持ち狭いようです。

後部座席の居住性を優先したフィットについては比べるまでもありません。

最近の軽自動車には、後部座席の居住スペースを優先したモデルが多数あります。

それら軽自動車と比較すると、デミオはまったく勝ち目はありません。

では後部座席に乗るのは厳しいのかというと、もちろん成人男性が普通に座ることもできますし、「後部座席は緊急用」と割り切るほどまで極端な狭さではありません。

しかし実際に成人男性を乗せた長距離移動は、少し厳しいかもしれませんね。

いうまでもないことですが、背の高い人が足を組んで乗ることはまず不可能、一度着席すると姿勢を変えることもなかなか厳しいことでしょう。

ただしデミオの乗り心地は、コンパクトカーにありがちなフワフワな乗り心地ではなく、シートの安定感は抜群です。

そのため、疲労困憊してしまうような心配はないでしょう。

デミオの後部座席が狭い原因

デミオの後部座席が狭い原因をまとめてみました。

頭上スペースに余裕がない

デミオはフロントからリアにかけて、グッと搾るようなエクステリアデザインになっています。

その分、天井もフロントからリアガラスに向かってなだらかに下がっており、リアガラスもかなりの角度で寝ています。

このデザインが、デミオ特有のスタイリッシュさやスポーティ感を演出しているので、デザインをとるか、スペースをとるか苦しい選択です。

実際に後部座席に座ってみると、ヘッドスペースにはほとんど余裕はありません。

一般的な成人男性が後部座席に座ると、頭上のスペースには握りこぶしがひとつ、入るか入らないかの程度となっています。

頭を動かすと天井に触れてしまうこともありそうです。

低い天井と急な角度で寝たリアガラスは、相当な圧迫感があり、実際の広さよりもずいぶんと狭く感じるものです。

後部座席膝前のスペースはライバル車と比較して少し狭いかな、という程度でしたが、この天井の低さと迫りくるリアガラスがデミオの圧迫感をより強調しています。

デミオの後部座席が狭い!という評価は、この天井の低さからくる圧迫感が最大の原因ではないかと思われます。

また、乗り降りする際もそのままでは天井が頭に当たるため、頭をかがめるようにくぐって乗り込む必要があるでしょう。

リアのサイドウィンドウの下端が高い

デミオのリアサイドウィンドウは、フロントサイドウィンドウより下端が高く始まり、後ろに行けば行くほど、斜め上に曲線を描くような鋭角的に持ち上がったデザインとなっています。

そして、リアに向かって下がってくるように搾られた天井のデザインと相まって、リアサイドウィンドウは後ろに行けば行くほど、狭くなり圧迫感がでてきます。

これもデミオのスポーティなデザインに起因するものです。

また窓の狭さも、デミオの後部座席の狭さを強調する一因になっているようです。

ライバルのアクアやスイフトも、後ろに行けば行くほど、サイドウィンドウは上がっていきます。

しかしデミオと比較すると、なだらかに持ち上がっていくため、デミオほどの圧迫感は感じないでしょう。

後方に向かって極端にせり上げたデザインは、運転席から斜め後方の視界を妨げるデメリットもあります。

このデメリットは、バックカメラを装着すれば解決することができます。
実際、目視で見えない事に不安を覚える方もいらっしゃることでしょう。

これもスポーティなエクステリアを演出した、デミオの数少ない欠点の一つともいえるでしょう。

走りやスタイリッシュなデザインなど、さまざまな角度から大変評価の高いデミオですが、後部座席の居住性に関しての評価は若干難ありなようです。

・前席をメインで使うことを想定していて、後部にあまり人を乗せない方
・後部座席に小さなお子さんや、小柄な方を乗せるだけ

であれば、さほど大きな問題はないかと思われます。

しかし、後部座席に成人男性を頻繁に乗せるような使い方を想定している方は、一度ディーラーで現物を確認しておく必要があるでしょう。

その際には、ショールームで停まっている車に乗り込んでみるだけでなく、実際に試乗させてもらって走行中のイメージをつかんでおくことを強くおすすめします。

デミオのラゲッジスペースも狭い?

デミオは後部座席だけではなく、ラゲッジスペースも比較的小さめの設計になっています。

左右のタイヤハウスのでっぱりは極力小さく、ラゲッジスペースの床面もフラットではあるものの、スタイリッシュなデザインの制約上どうしても狭くなってしまったようです。

ちょっとした荷物であればそのまま問題なく載せることができますが、大きな荷物を積み込みたいときは困ってしまいますね。

そんな時は、後部座席の背もたれを倒してしまいましょう。

デミオの後部座席の背もたれは、6対4の分割可倒式となっていますので、用途や乗車人数に合わせて、背もたれをちょうどよい具合に倒すことができます。

後部座席の背もたれを全部倒してあげると、思った以上に広大なスペースが出現し、ちょっとした長尺物も載せることができるようになります。

デミオの後部座席の倒し方

デミオの後部座席の背もたれを倒すと、スペースができるということで、ここでデミオの後部座席の倒し方を紹介します。

とはいっても、倒し方はとっても簡単。
シートの肩口にあるレバーをスッと引くだけです。

力(ちから)もコツも一切不要なので、力のない女性でもあっという間に、簡単に倒すことができます。

デミオの後部座席の背もたれを倒した場合、横幅930㎜、奥行き1260㎜の広いスペースが出現します。

このスペースはコンパクトカーとして、どれほどのものなのか、ラゲッジスペースの広さがウリである、フィットと比較してみましょう。

デミオの後部座席と、フィットの後部座席と比較

デミオの後部座席と、フィットの後部座席をそれぞれ倒した場合のスペースですが

・フィットの後部座席・・・横幅1,110㎜、奥行き1,510㎜
・デミオの後部座席・・・横幅930㎜、奥行き1,260㎜

となり、フィットと比較してデミオは横幅180㎜、奥行き250㎜ほど小さい結果となりました。

18㎝と25㎝。
数字で見ると、あまり差が無いように感じられますが、実際に確認してみると数字以上に大きな差を感じることでしょう。

またリアゲートの開口部が狭いのも、荷物を積み下ろしする際のデミオのデメリットです。

フィットと比べ狭くなっているので、荷物の積み下ろしは少し手間がかかってしまいます。

収納するものが大きくなるほど、スムーズな出し入れができるとは言い難いと思われます。

デミオは走りを楽しむ車ですから、たくさん荷物を積むような使い方にはあまり向いていないかもしれませんね。

デミオ「後部座席」評価のまとめ

今回はデミオの後部座席とラゲッジスペースについて見ていきました。

後部座席が狭い、ラゲッジスペースが小さいという評判のデミオですが、たしかにその通りのようです。

気持ちのよい走りを優先したための弊害ともいえると思います。

・後部座席をあまり利用する予定のない方
・大きな荷物を積んで出かける頻度の少ない方

であれば、それほど気にする必要もないかと思われますが、一度実車を見て確認したほうがよいでしょう。

>>>関連記事:台風24号でうけたときの記録と日本人の車の運転のマナーについて思ったこと
>>>関連記事:デミオディーゼルのMTって楽しい!試乗した感想や評価・口コミ
>>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼルの加速性能や走行性能は実際どう?ガソリンとどっちがいい?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い?

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!