デミオ

デミオの赤「ソウルレッドクリスタルメタリック」の魅力!女性からも人気!

みなさんは車を購入するとき、どのようなことに注目しますか?

車のデザインや大きさ、運転のしやすさなど注目するポイントはたくさんありますが、車の色に注目する人も多いはず。

同じデザインの車でも、色によって大きく印象が異なり、さらに自分の好みの色だと愛着もわいてきます。

今回はそのたくさんの車の中から、マツダデミオの色について考えていきましょう。

マツダのデミオは長年愛用されている方も多いので、街中で見かけることも、しばしばあるかと思います。

そんな中で、マツダ車のカラーといえば「赤色」というイメージが一番に浮かぶのは私だけではないはず。

個人的な意見ですが、白や黒などの無難な色よりも、赤や青などの他の目立つ色が好みだったりします。

「白や黒などの方が飽きがこなくていいじゃない」という人がうちの周りでは多いですが、そもそも色で飽きがきたことが私にはありません。

やはりその時のインスピレーションや、車のイメージに合った色を選びたい!・・・と思っています。

そのなかでも現行のデミオの赤色は「ソウルレッドクリスタルメタリック」ですが、深みのある重厚な赤で、とっても美しい色

今回はそんな「ソウルレッドクリスタルメタリック」について、いろいろお話していきましょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

デミオの赤「ソウルレッドクリスタルメタリック」とはどんな色?

デミオ,赤,ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダが大きく掲げているものといえば「魂動(こどう)デザイン」が有名です。

「魂動デザイン」とは、車に命を吹き込んで生命感を出すというマツダの新たなデザイン思想のことで、まるで生き物のような生命力を感じさせるデザインが特徴的となっています。

この考え方は「車は単なる鉄の塊ではなく『命あるもの』だと考えている」というマツダの理念から来ているものです。

「ドライバーと車の関係を、愛馬と心を通わせるかのようなエモーショナルなものにしていきたい」という素晴らしい考えをもつマツダだからこそできる、素敵なデザインの車が多数販売されています。

そして、そのなかから生み出された色が「ソウルレッドクリスタルメタリック」というカラーです。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」は単純に真っ赤な色というわけではもちろんなく、メタリカルなカラーと光沢のバランスがあり、赤の中に深みや透明感を感じることができます。

テレビCMでも頻繁に登場していますので、「見たことある!」という方は多いのではないでしょうか。

私がこの色を初めて目の当たりにした時は「潤いのある金属」という言葉がまっさきに浮かびました。

ひと目見るだけで、心を惹かれる落ち着いた赤色が、デザイン性に優れたマツダの車をさらに引き立てます。

さらにマツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」が、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさを演出し、高級感あふれる車に仕上げています。

まさにマツダ渾身のカラーであることに間違いないですね。

マツダの公式ページには「ソウルレッドクリスタルメタリック」に対する力の入れ具合や、裏話などをたくさん見ることができます。
マツダのクルマづくり(公式サイト)

さらにあまり知られていませんが、プロ野球チームの広島カープのヘルメットにも、この「ソウルレッドクリスタルメタリック」が採用されています。

広島カープのヘルメットに採用されるきっかけとなったのは、トップ同士の交渉によるもので、しかも提案したのはマツダの現会長だったとのこと。

ヘルメット用に、色の配合も塗装の塗り方も位置から見直され、素材や形状、さらにグラウンドという環境に適合できるよう専用に再開発されています。

たしかに「ソウルレッドクリスタルメタリック」は生命力のあふれるカラーなので、スポーツにはぴったりだと感じました。

さて次は「マツダ独自の技術と歴史」について探っていきましょう。

マツダ独自の特別な塗装技術「匠塗り」について

先ほどの項目でも出てきた「匠塗り」とは、マツダ独自の特別な塗装技術のことです。

まるで熟練した職人が一台一台手塗りをしているような、鮮やかな塗装技術により、マツダの洗練された車をさらに引き立てています。

ディーラーで、営業マンに塗装の美しさについて訪ねた時に「一台一台手塗りで塗ってますから」なんてジョークを言われ、それを真に受けてしまったほど美しい塗装。

実際に店舗などで目にすると、思わずうなってしまうような、うっとりとするカラーに心を奪われる方は非常に多いと感じます。

一台一台丁寧に手塗りされていると言われても信じてしまうほど、素晴らしい塗装技術であることには間違いありません。

さて、そんな「匠塗り」ですが、いったいどのような仕組みになっているのでしょうか。

従来の塗装では、色味とクリアを重ねた2層構成が主流とのことですが、マツダはさらに1層加えた3層構成になっています。

さらに独自の工法により、量産車では難しいとされている「鮮やかさ」と「深み」の両立を実現しているとのことです。

デミオ,匠塗,赤,ソウルレッドクリスタルメタリック

長年デザインにこだわってきたマツダだからこそ辿り着いた、すばらしい塗装技術であると感じています。

ぜひテレビCMだけでなく、実際に店舗に足を運び「匠塗り」の素晴らしさを間近で感じていただきたいです。

マツダと赤の歴史

ここからは、マツダと赤に関する歴史を紐解いていきましょう。

みなさんは「赤」というと、どのようなイメージが思い浮かびますか?

多くの方は、情熱的でアクティブなイメージを想像するかもしれません。

マツダではクルマづくりへの情熱を表現する色として、赤色を選択したとのことです。

また、マツダには情熱的な人が多いようで、強い熱意と信念を持って真剣にクルマづくりに取り組んでいるという思いもこもっての「赤」なのでしょうか。

マツダの車は生命力や躍動感が溢れるデザインが多いので、まさに赤色がぴったりだといえるでしょう。

その歴史は長く

1980年:ファミリアのサンライズレッド
1989年:ロードスター、クラシックレッド
1991年:RX7、ヴィンテージレッド
2003年:RX8、ベロシティレッド
2005年:ロードスター、トゥルーレッド
2012年:CX5、ジールレッド、ソウルレッドクリスタルメタリック

と、マツダの歴史とともに歩んできたと言っても過言ではないと思います。

あらためて、マツダと赤の歴史は長いものだということも感じることができますね。

老若男女問わず愛され続けているので、きっとそれぞれの車に思い入れがある方も多いはずです。

とくにRX7の赤は、個人的にデザインも相まってとても印象深い車で、当時駐車してあるFDを舐めるように鑑賞した思い出が蘇ります。

この車で色々なところにドライブに行ったので、楽しいカーライフを過ごすことができたのもマツダのおかげだなぁとしみじみ感じます。

また赤色の車を所持している方が周りにいなかったため、「とても素敵な色ですね!」とたくさんの方からお褒めの言葉をいただいたのもいい思い出です。

もしあなたの周りに、マツダの車をお持ちの方がいらっしゃったら、その車にまつわる思い出話を聞いてみるのもおもしろいかもしれません。

さて、ここまで「ソウルレッドクリスタルメタリック」やマツダと赤色の歴史についてまとめてきました。

デミオの赤「ソウルレッドクリスタルメタリック」の価格

デミオ,赤,ソウルレッドクリスタルメタリック

「ソウルレッドクリスタルメタリック」の入手方法ですが、上記でまとめたとおり「ソウルレッドクリスタルメタリック」は細部までこだわった仕様になっているため、標準装備ではついてきません。

そのため、こちらのカラーは特別塗装色となるので、標準装備ではなく別途購入しなくてはいけません。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」のメーカー希望小売価格は、54,000円(消費税抜き価格50,000円)となっています。

一見、価格が高いように感じてしまいますが、マツダのこだわりを感じることができるカラーですので、この色を選択する価値は高いと思います。

まずは店舗に行って、実際の色合いを目で確認したうえで「ソウルレッドクリスタルメタリック」カラーの車にするかどうかを決めるようにしましょう。

落ち着いた色合いの赤色ですので、男性だけでなく女性の方にも親しみやすいカラーとなっています。

私の知り合いの女性は「断然赤(ソウルレッドクリスタルメタリック)がいい!」と言っていました。

ぜひ店舗に足を運んで、自分の好きな車を探してみてください。

ここまで「ソウルレッドクリスタルメタリック」の魅力について探りましたが、いかがでしたか?

テレビCMだけではわからない部分をたくさん紹介してまいりましたので、マツダの車作りに対する情熱や熱さを、あらためて感じることができたと思います。

ソウルレッドクリスタルメタリックの色褪せについて

「ソウルレッドクリスタルメタリック」は、マツダの車特有のカラーですが、やはりこんなに美しい色合いの車となると、気になるのは色褪せ

車の保管環境にもよりますが、早い場合は1年くらいで、経年劣化により徐々に色褪せが発生することもあるようです。

せっかくマツダ特有の「ソウルレッドクリスタルメタリック」の車を買っても、色褪せてしまってはその魅力も半減してしまいます。

とくに濃いボディーカラーは、その分発色の劣化具合などが、ナチュラルなカラーよりわかりやすくでる傾向にあるようです。

今回の「ソウルレッドクリスタルメタリック」については、すぐに劣化や色褪せなどの心配はなさそうです。

しかし

カーポートやガレージなど、屋根や壁がある場所での保管
日光に当たりっぱなしや、風雨にさらされっぱなしでの保管

この2つを比較すると、後者の方が圧倒的に劣化のスピードが速まる傾向にあります。

もしご自宅にカーポートや屋根つきの駐車場がある場合は、なるべくそちらを利用して、マツダの車の外装や塗装を守るように心がけましょう。

あと泥や鳥のフンなども、劣化の原因となるので注意が必要ですね。

こまめに掃除とまではいかなくとも、美しい状態をキープしたいのであれば、一定期間で洗車を行うことは必要だと思います。

大切なこだわりを持って作られた「ソウルレッドクリスタルメタリック」の車だからこそ、数年たっても大事に守り続けたいものですね。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」の評価および、車のカラー選びについて

さて、ここまで「ソウルレッドクリスタルメタリック」のことを考察していきましたが、マツダの車はほかにどのような色が人気なのでしょうか。

やはり「ソウルレッドクリスタルメタリック」が一番人気ですが、次に人気なのは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」や「ジェットブラックマイカ」と言ったところでしょうか。

デミオ,色,カラー,スノーフレイクホワイトパールマイカ
「スノーフレイクホワイトパールマイカ」

デミオ,色,カラー,ジェットブラックマイカ
「ジェットブラックマイカ」

>>>関連記事:デミオ新型の色・カラーを紹介!さらに売却や下取りで評価が高くなる色は?

人それぞれ好みのカラーも異なりますし、車も色によって、大きく雰囲気が異なります。

どれも美しくて目移りしますが、私は車選びの中で一番楽しいところでもあると考えています。

ぜひ店舗に足を運んで、自分の好みにあった車をじっくりと選んでいただきたいです。

…え?私のおすすめカラーですか?

どのカラーもこだわりを持って造られていますし、それぞれに違った魅力もたくさんありますが、私は断然「ソウルレッドクリスタルメタリック」推しです。

店舗で拝見したときのあの衝撃を忘れることができないほど、「ソウルレッドクリスタルメタリック」は存在感のあふれるカラーです。

もし悩んでいる方がおられるようでしたら、思い切って「ソウルレッドクリスタルメタリック」を選択することをオススメします。

特別塗装色なので別途料金がかかりますが、車のカラー選びで妥協してしまうと後悔の原因にもなりかねません。

また自分でじっくり選んだ色の車だと愛着も湧くため、なおさら大切にしようという意識も働きます。

ですので、車のカラー選びは自分がよいと感じたものに、素直になることをオススメしています。

車は長年、自分に寄り添うパートナーです。

自分の感覚に素直になって素敵なパートナーを見つけましょう。

デミオ「ソウルレッドクリスタルメタリック」のまとめ

長々といろいろなことを書き連ねましたが、「ソウルレッドクリスタルメタリック」の魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

こちらではまとめきれない魅力も数多くありますので、実際にディーラーに足を運び「ソウルレッドクリスタルメタリック」を目の当たりにすることが一番だと思います。

ぜひ店舗に足を運んで、「ソウルレッドクリスタルメタリック」の魅力に触れてみてくださいね。

>>>関連記事:デミオ新型の色・カラーを紹介!さらに売却や下取りで評価が高くなる色は?
>>>関連記事:デミオをカスタムしたい!内装をグレードアップさせるアクセサリーは?
>>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い?
>>>関連記事:デミオディーゼルのMTって楽しい!試乗した感想や評価・口コミ

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!