デミオ

デミオ新型の内装(インテリア)がおしゃれ!内装広さはどのくらい?

現在は非常に多くの車が販売されており、デザインや内装もさまざまです。

今回はその中から現在も愛され続けている「マツダ・デミオ」の内装(インテリア)の魅力についてご紹介します。

1996年に初代が誕生して以来、現在でもコンパクトカー業界の一角をなしている、人気車種マツダのデミオ。
街中で見かけるという方も多いのではないでしょうか。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

デミオ新型はかっこいい(かわいい)と人気

モデルチェンジを繰り返すごとにデザイン性は洗練され、スポーティな顔だちながらインテリア関係の充実ぶりから、男性だけでなく女性からも購入を検討される方も少なくないんだとか。

そのままのデザインでももちろん素敵ですが、カスタムパーツやインテリアを変更して、自分だけの車に仕上げることができるのも大きな魅力の一つです。

またコンパクトカーで運転もしやすいため、年齢問わず人気があります。

このような人気車種なだけあって社内、社外品問わずカスタムパーツが豊富にあるのも、さらに人気を集める理由のひとつなのでしょう。

そんな中で今回はグレード別でのインテリアの違いを見ていきましょう。

マツダ・デミオ新型のグレード別内装

マツダ・デミオ新型の内装をグレード別に紹介していきます。

マツダ・デミオ:13Cの内装

黒を基調にしたスタンダードな飽きのこないデザイン。
そのため男女問わず、落ち着いて運転することができます。

デミオ内装,13c

スマートブラックのストライプがおしゃれで、ファブリック(布)シート。
高級感というよりは、若々しい雰囲気が勝っている印象です。

デミオ新型内装,13c,デミオシート

エアコンルーパーには、光沢ブラックが使用されており、シンプルながらワンポイントとして存在感があります。

シフトレバー周りのシルバーの色味が都会的なデザインの印象をうけますね。

内装インテリアのカスタムも、自分の好きなようにできやすそうです。

マツダ・デミオ:13S/XDの内装

13S/XD
デミオ新型,内装,xd 13s

こちらのシートデザインはクロスブラックの千鳥格子が、今風でいうと「カッコ可愛い」です。

デミオ新型,内装,xd 13sシート

シンプルな内装でありながら、千鳥格子柄が存在感を放っています。
13cよりも少し青みがかかった色となっています。

正面パネルやドアトリムの一部に、光沢のあるパーツが使用されており、ところどころに輝きがあるのが特徴的です。

このような光沢のあるパーツの存在感から、13cよりも高級感がアップしたといったところでしょうか。

こちらは年齢問わず好まれそうですね。

マツダ・デミオ:13S/XD Touringの内装

13S/XD Touring
デミオ,内装,Touring(ブラック)クロス素材

デミ新型,内装,Touringシート

ブラックを基調とした、モノトーンのコーディネートで、クールでありながらスポーティさを実現。

シートはファブリックでしっとりした触感となっていて、座り心地の良さを実感することができます。

スイッチパネルのピアノブラック加飾、ドアトリムのステッチなど、質感がアップしていて、クールさを引き立たせます。

こういったところに長い人気の秘密が隠されているのでしょうね。

マツダ・デミオ:13S/XD Touring L Packageの内装

これまでは男性目線の内装が多かったのですが、こちらのモデルは女性目線に重きを置いたデザインになっているように感じます。
シートが色違いであり、赤いステッチのワンポイントがかわいらしいところが、女心をくすぐるポイントです。

全席のシートに本革を使用、色味もブラック基調だった他グレードから一転して、ピュアホワイトとブラックなどのツートンカラー仕様となり、若い女性の方でも心を惹かれる工夫がなされています。
こんな素敵な車でデートに誘われたら行きたくなってしまいますね!

13S/XD Touring L Package:ピュアホワイト
デミオ,内装,L Package(ピュアホワイト)レザー

デミオ新型,内装,L Package シート

また女性だけでなく男性も、アクティブドライビングディスプレイが近未来的で男心をくすぐられるデザインです。

内装全体のイメージは高級感があるため、身近な方だけでなく、特別なお客様を乗せるときにも華やかさを添えてくれます。

そのためさまざまなシーンに対応できる、素敵な車であるように感じます。

白色がメインで、赤いストライプがアクセントになっていたりと、細やかなところまでこだわりが詰め込まれており、さらに高級な雰囲気を醸し出しています。

13S/XD Touring L Package:ブラック
デミオ新型,内装,L Package(ブラック)レザー&スエード

デミオ新型,内装,L Package シート

黒色で精悍な雰囲気でありがながら、ところどころに茶色のアクセントが入り、上質なインテリアにより近づけることができるようになりました。

ドアトリム、ハンドルなどの一部にもレザーを使用されており、内装だけに着目するとコンパクトカーの中では、引けをとらないです。

さらにエアコンルーバーベゼルがメタリック色で装飾されているなど、コンパクトカーでここまでやっちゃうの!?と言いたいくらいの高級感が半端ない印象です。

マツダ・デミオ:13S/XD Tailored Brownの内装

13S/XD Tailored Brown
デミオ新型,内装,Tailored Brown

ライトブラウンの高級感漂うシートデザイン。
シートの背面はクロスブラックが採用されており、おしゃれな印象を受けます。

デミオ新型,内装,Tailored Brownシート

「Touring L Package」とは違った落ち着いたやわらかい感じの仕様で、年配層にもウケのよさそうなデザインですね。

シンプルな内装ですので、自分だけのインテリアカスタムを行うと大きく印象が変わるでしょう。

マツダ・デミオ:13S/XD Noble Crimsonの内装

13S/XD Noble Crimson
デミオ新型,内装,Noble Crimson

デミオ新型,内装,Noble Crimsonシート

今季最新の特別仕様となっています。
「凛」と「艶」の対比、官能的な世界へ誘うインテリアと銘打って作られただけのことはあり、千鳥格子でクロス・レッドの専用シートなど、一般大衆車で尚かつコンパクトカーであることを忘れてしまいそうな出来栄えです。

これまでのデミオとは大きく印象が異なる、不思議な世界観を持った車種となっています。

デミオ新型の内装広さは?

内装のグレード別のデザインを紹介してきましたが、デミオ新型の内装広さはどうなんでしょうか?

     室内長 × 室内幅 × 室内高
デミオ 1,805mm × 1,445mm × 1,210mm
アクセラ 1,845mm × 1,505mm × 1,170mm
フィット 1,935mm × 1,450mm × 1,280mm

デミオをアクセラと比較して、室内長が40mm、室内幅は60mm狭いですが、室内高は40mm高いです。
また、フィットとデミオと比較すると、全体的にフィットの方が広いです。
これは後部座席が広めに設計されているためです。

デミオ新型の内装まとめ

ここまでデミオ新型の内装について、見ていきました。

細部までこだわりや遊び心が詰め込まれており、新たなデミオの魅力発見につながったのではないかと思います。

デミオが外装だけではなく、内装にも十二分にこだわりを持って作られた車だということがわかりましたでしょうか。

コンパクトカーというジャンルに縛られることなく、自由に遊び心を忘れないMAZDAのスピリットが、他社との違いを生み出しているのだと私は思います。

みなさんもぜひ機会があれば、ディーラーで見て触ってみてはいかがでしょうか。
MAZDAのスピリットを、直接感じることができると思います。

>>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?
>>>関連記事:【デミオ】ディーゼル中古車の相場・価格!AT・MT、4WDは高い?安い?
>>>関連記事:デミオディーゼルのMTって楽しい!試乗した感想や評価・口コミ
>>>関連記事:デミオ中古車の買取相場はどのくらい?高額買取してもらう方法は?
>>>関連記事:【デミオ評価】中古を買おうと思うけど、どれがおすすめ?口コミ評価!2018

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!