デミオ

デミオをカスタムしたい!内装をグレードアップさせるアクセサリーは?

デミオをカスタムしたいけど、とりあえず内装(インテリア)から変えたい!という方に、グレードアップできる内装やアクセサリー、これはあって損しない!というおすすめアイテムを紹介します。

デミオのグレード別の内装は、別の記事でまとめているので、こちらをどうぞ。

デミオ新型の内装(インテリア)がおしゃれ!内装広さはどのくらい?現在は非常に多くの車が販売されており、デザインや内装もさまざまです。 今回はその中から現在も愛され続けている「マツダ・デミオ」の内...

インテリアの内装のカスタムしながら、デミオの魅力をあげていきましょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円くらいで下取りされる車が、買取業者では80万円以上になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。
これは利用しないと損です!

デミオの内装(インテリア):デザイン

[DAMD]本革調シートカバー(タン)

クリーム色の高級な雰囲気を醸し出す、本革調シートカバー。

シートを変えると内装インテリアの雰囲気がガラッと変わりますが、今のシートの色やデザインはちょっと飽きたな・・・というときに気分を変えるために変えてみるのもいいかもしれません。

公式サイトでのお値段は、約54,000円とまずまずなお値段です。(Amazonなどではもっと安いです。)
また別の色でブラックがあります。

13Cの場合は、6:4分割可倒式シートをつけている車のみの取扱いとなるので、注意が必要です。

[DAMD]ドアトリム(本革調)タン

上記の「本革調シートカバー(タン)」のシートと同じクリーム色の、本革調ドアトリム。

デミオ,内装,カスタム,ドアトリム

シートを変えるだけでも良いですが、きちんと揃えたいという几帳面な方には必須なカスタムです。
お値段は約35,000円。
こちらも13Cの場合は、6:4分割可倒式シートをつけている車のみです。

デミオの内装(インテリア)のおすすめアクセサリー

あると便利な、おすすめアクセサリーの紹介です。

デミオにあうカーナビの価格は?

まず車で思い浮かべるのが、カーナビです。

現在はさまざまなタイプのものが販売されており、選ぶのも悩んでしまいます。

上記でまとめたように、デミオの内装はシンプルなものが多いので、どのデザインのカーナビを選んでもしっくり合うと思います。

そのためデザインだけでなく、機能性を重視して選ぶとよいでしょう。
こちらのカーナビはデミオ以外にも、CX-3やCX-5にも対応しているカーナビです。

種類に応じて、カーナビの価格も異なりますので、自分の財布と相談することをオススメします。

エアーサクセスソーラー(車載用空気清浄機)

エアーサクセスソーラーは、自動車の空気清浄機です。

販売会社「テルモ」といえば血圧計をイメージしますが、空気清浄機も取り扱っているようです。

イオンや低濃度オゾンが、臭いの元をオゾンで脱臭するので、ペットを同乗させたり、タバコを吸われる方におすすめです。

また夏場はエアコンの蒸れの臭いが気になる!という方は、これで臭いがなくなるという評判も。

数十分で臭いが除去されるそう。

電源ですが走行中はシガーソケットから供給、停車中はソーラーパネルによって発電するため、ありがたいですね。

デメリットは青色LEDライトで装飾されていること。
視界がチカチカするのが気になる方には、何かしらの対処を施す必要があります。

もちろん、自分ひとりであれば気にならない!という方には不要かもしれませんが、他の人(特にきれい好きな方)を乗せる可能性がある場合は、これがあると「お!」とポイントが高くなりますね。

スマホホルダー

運転者の必須アイテム、スマホホルダー。
カーナビを設置しておらず、スマホで目的地までのナビが必要なときにホルダーがあると非常に便利ですよね。

こちらのスマホホルダーは、エアコンの吹出口に取り付けするものなので、不便に感じてしまいますが、その半面、夏場の暑くなりやすい車内でのスマホを冷やしてくれるいい面もあります。

幅は65mm~100mmと変えることができるので、大体のスマホに対応可能です。

タブレットホルダー

後部座席で映画や動画を観るときに使えるタブレット用のホルダーです。

こちらのホルダーは「iPad」や「iPad mini」に対応しています。

手で持って鑑賞すると画面酔いしてしまいそう、というときに使えそうです。

お子さんが時間つぶしにタブレットで動画を見る、というご家庭にもおすすめです。

デミオの内装(インテリア)のグレードアップできるアクセサリー

ここからは、デミオの内装にあったアクセサリーを紹介します。

デミオの肘掛け(アームレスト)

はじめのほうで述べたように、デミオに関しては社内、社外問わずカスタムパーツが豊富に用意されているのが大きな特徴です。

最初から全体のインテリアを変更することは難しいと思いますので、まずは小さなところから変えてみることをオススメします。

デミオについては肘掛け(アームレスト)がついていないというのもあり、肘掛けを取りつけることから始める方が多いようです。

肘掛け(アームレスト)は長時間の運転を行う際に、疲労感が少なくなるというメリットがあります。
デメリットとしては、ドリンクホルダーが使いにくくなるということです。

さてそんな肘掛け(アームレスト)ですが、純正オプションで販売されているものの、取り付け費込みで約30,000円~36,000円ほどかかります。

また小物入れをはずして取り付けを行うため、ドリンクホルダーが使いにくくなったりなどデメリットもあるようです。

正直なところ、私は高いように感じました。

約10,000円ほど買えるだろうと考えていたので、お値段を見たときに「高い!」と言いかけたほどです。

口コミではお値段の割に、あまりよい出来映えではないという声も。

現在は市販パーツも登場しており、こちらは伊藤製作所から出ているもので、約6,000円ほどと安く販売されています。

こちらは純正コンソールの後部の小物入れに、製品の脚の部分を差し込むタイプで、取り付けが非常に簡単です。

工具なしで、女性の方でも手軽に設置ができるのも大きな魅力です。

さらにアームレストの下と脚にあたる部分に、小物入れが設けられており、収納性にも優れています。

手帳や小銭、筆記用具、携帯電話など、車内のちょっとした小物を片付けておくのに大変便利ですね。

小物入れの内側は布張りでできていますので、スマートフォンやめがねなど、壊れやすいものも安心していれることができます。

現在、限定色も出ているようです。

こちらの肘掛けは、適合車種は2014年9月以降に販売されたモデルとなっているので、購入を検討される際には自分の車が適合車種であるか、確認が必要です。
(旧型(DE系)のデミオは、これとは別の肘掛けが販売されています。)

ドリンクホルダー

現行デミオ(DJ系)は、ドリンクホルダーを取り付けにくく、取り付けられたとしても不安定なになってしまうことが多いです。

こちらのドリンクホルダーアダブタは、4点でしっかりとホールドしてくれるので、ペットボトルや紙コップが置きやすいです。

色違いがあるので、好みの色が選びやすいですね。

デミオ専用:ドリンクホルダーアダプタ

ドリンクホルダーでエアコンの吹出口を塞ぐのはちょっと・・・という方は、こちらのドリンクホルダーアダプタを設置されることをおすすめします。

こちらはDMM.makeサービスの3Dプリンターで作成するものなのでちょっとお値段は張りますが、現行型デミオ専用で作られていることもあり、ピッタリサイズです。
>>>ドリンクホルダーアダプタ(シングルタイプ) DJ-DEMIO用:カラー造形対応

現行DEMIO(DJ)や、CX-3専用に出品されている方のページで、ドリンクホルダーアダプタ以外にも、「プラズマクラスター専用取り付けパーツ」や「フロントコンソールトレイ」など、便利アイテムを作られています。

マツダ・デミオのカスタムまとめ

デミオはほかにも、カスタムできる部分がたくさんあり、かわいいものからかっこいいものまで、幅広く販売されています。

もちろん、そのままでもよいのですが、自分の好みに応じてカスタマイズを行うのも楽しいと思います。

インテリアを少し変更するだけで、一気に雰囲気が変わったりするので、新たな魅力発見にもつながるのではないでしょうか。

>>>関連記事:【デミオ】マイナーチェンジ情報2018!前と比較、試乗など評価は?
>>>関連記事:デミオのディーゼルで不具合があったけど最近はどう?最新情報まとめ(2018年)
>>>関連記事:マツダ【デミオ新型】が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法!
>>>関連記事:【デミオ】カスタムしたDE系は中古買取してもらえる?高く買い取ってもらう方法
>>>関連記事:【デミオ】の辛口評価!後部座席が狭い…スイフトらより狭い!?徹底検証!

マツダのデミオ新型が値引き金額から、さらに40万円安くなる方法は?

  • 「値引き交渉が苦手…」
  • 「家のローンもあるし、これ以上車のローンは組みたくないな・・・。」
  • 「新型のデミオ欲しいけど、高いなぁ・・・。」
  • 「ディーラーのセールスを避けるのが面倒」
  • 「ディーラーを回るよりも、もっとお得な見積もりって他にない?」
  • 「今狙っている車を最安値でお得に手に入れたい!」

などと、新車の購入を悩みが尽きないですよね・・・。

ネットで具体的にいい車を安く買える方法を探していますが、なかなか出てきません!!
安い中古車は、大抵走り込まれたものばかり・・・。

友人に相談しても、「どうせすぐに古くなるんだから安い方でいいじゃない?」とか、移動手段としか考えていない人たちばかり。

「どうせ乗るならワクワクする車に乗りたいだよ!」と言っても理解してもらえません。
まぁそうぼやいたところで欲しい車が手に入るわけではないですが・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!これが一番お得です!

ディーラーでは30万円の下取りされる車が
買取業者では80万円以上になることも、多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大5000社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るという仕組みになっているのです。

これは利用しないともったいないです!